重量ラックの部材・オプション|E・スチールネット

特長 部材・オプション 展開図・仕様図

部材の種類

部材名 目的
フレーム(支柱) ラック全体を支えます。
ラック一台あたり、単体では4本、既存のラックに連結する場合は2本使用します。
フレームとトラスが溶接構造で、安全設計となっています。
ワイドビーム(ビーム) ラックの間口方向への揺れを防ぎ、パレットを支える部材です。
棚板 実際に物を乗せて御使用頂く部分です。
軽量用棚板はスノコ状に、重量用棚板は棚全体に敷き詰めて使用します。
トラス ラックの間口方向への揺れを防ぎます。
フレームとトラスが溶接構造で、安全設計となっています。
ベース 床を保護します。
ライナー ラックの水平を保つため、床に合わせて調整します。

オプションについて

フレームツナギ

重量ラックのフレームツナギ背中合わせに並んだパレットラックの間を定間隔に保つとともに、非常時の前後転倒の防止にも有効です。

スキッドチャンネル

重量棚のスキッドチャンネルビームに直接置くには不安定なもの、例えば足のついたバスケット等を載せる時に使います。

フォークスペーサー

重量ラックのフォークスペーサー大きなダイスのように、パレットに載せられないものの下に使用します。リフトのフォークが抜き差し出来るようにするための部品です。

ドラムサポート

重量棚のドラムサポートビームに置かれたドラム缶や樽などの円形の積荷が転がらないように支える場合に使用します。

ブレース

重量ラックのブレース間口方向のブレを防止するために使用します。

ボード棚

重量棚のボード棚木材を小さな木片に砕き、乾燥、接着材を加え高温高圧成形したボード。

フレームガード

重量ラックのフレームガードサイドフレームとフォークリフトの接触を防止します。

ガードポール

重量棚のガードポールサイドフレームのコーナー部とフォークリフトの接触を防止します。

ガイドレール

重量ラックのガイドレールフォークリフトの走行をガイドするために使用します。